新刊書紹介

タイトル いまから ともだち
登場人物 わたし(やまの はるか)しらとりけいこ先生 分校の 5人のお友達
内容 山の分校に 転校してきた はるかちゃん。
本当は、転校は 嫌だった。でも、前の学校で、無視されたり、意地悪されたりして、決して好きではない。

そんな はるかちゃんを、分校の5人は、新しいお友達として、喜んで迎えてくれる。

友だちの作り方は、教科書にも書いてないし、親も 教えてくれない。必要なのは、ちょっとした勇気かもしれません。

学校が もっと好きになる絵本です。「おこだでませんように」「めがねをかけたら」などの作者 くすのきしげのりさんの絵本です。
タイトル オレ、カエル やめるや
登場人物 おれ おとうさん、おおかみ
内容  オレはカエル。猫の絵本を読んでいて、「オレは、猫になることに するや。」と言ったら、お父さんが、「お前は、猫には なれないよ。」と言う。「何で?」「カエルだからだよ!!」「それじゃ ウサギは?」「豚は?」「ふくろうは?」

そして、オオカミ 登場。他のものになりたいカエルに いいことを 教えてくれます。どんなことを 教えてくれるのかな???

タイトル ねずみくんと おばけ
登場人物 ねずみくん ねみちゃん ぞうさん らいおんさん うさぎさん あひるさん 
内容 「今日は、ねみちゃんを おどかしちゃおう!!」と シーツを被って オバケになったねずみ君。 「オバケだぞ~」ねみちゃん びっくり!!そこで、ねずみ君が みんなを脅かそうと出かけます。他の動物たちも オバケになって やってきて「おばけだぞ~」「オバケだぞ~」

オバケの好きな子 見てね。ねずみ君の ちょっとだけ怖いお話です。
タイトル つながってる いのちのまつり
登場人物 ミズちゃん お母さん 犬のパール 
内容 「生まれる、生まれる」と言って ミズちゃんは、学校から 家へまっしぐら。家へ帰ると、犬のパールが 7匹も子犬を産んだのです。目をつぶったまま、もこもこ動いている子犬たちのおなかに ひものようなものが くっついています。「お母さん これ なーに?」「へその緒よ。パールと子犬は へその緒でつながっていたのよ。」

「ミズちゃんも お母さんと つながっていたのよ。」それを聞いてミズちゃんは びっくり。

作者の言葉です。 おへそを見るたびに 思い出してほしい。どんな時代も たくさんのお母さんがいたことを!!
おへそに触れるたびに 感じて欲しい。お母さんを通して 命は 一つに つながっていることを!!

お母さん、本当にありがとう!!
タイトル おやゆびひめ
登場人物 おやゆびひめ ひきがえる 沼の魚達 ちょうちょう
こがねむし のねずみのおばさん もぐら つばめ 
お花の国の王子様
内容 子どものいない女の人が、魔法使いから一粒の種をもらいました。その種を植えると、チューリップの様な花が咲き、中に かわいい 小さな 女の子が 座っていました。親指くらいの小さな子なので、「おやゆびひめ」と名付けました。ある晩、親指姫が眠っていると、ヒキガエルがしのびこんで、「かわいい子だ。」と言って さらっていってしまいました。
さて、親指姫の運命は どうなるでしょうか???

アンデルセン童話です。
← 前のページ |  次のページ →